オーストラリアで行われるf1グランプリの特徴

オーストラリアのF1グランプリは1985年から世界選手権の一部になりました。1996年以降からアルバートパークサーキットという市街地のサーキットで開幕戦をおこなうようになりました。新シーズンは開幕戦ならではの盛り上がりを最大にするべく、様々なイベントを催しており、毎年盛大な賑わいがあるF1グランプリの開幕戦になっています。2003年から2009年までは毎年優勝者が変わるほど、予想がつかないレースになっているオーストラリアグランプリはF1ファンにとっては一度といわず毎年でも見に行きたいと思うほどのレースなのです。
アルバートパークサーキットはコースの大半が両サイドとも大きな金網とウォールがあり、非常に危険なコースになっています。また、普段は駐車場に使われている路面をそのまま使用している為、通常の路面と比べても非常に滑りやすく、スピンが多いのです。場所によって芝生に車輪を落としてしまった際にマシンが跳ね上がり、制御不能になる事もある為、毎年レースが荒れるのです。そんなアルバートパークサーキットで行うF1オーストラリアグランプリは様々な楽しみ方もあり、魅力が多いグランプリの一つなのです。
コースレイアウトでいうと、直線的な加速とハードブレイキングを繰り返しおこなうサーキットになっています。コーナの出口では、トラクションと安定したブレーキ機能が重要になっており、13コーナーと14コーナーでは、オーバービーストでコースアウトになりやすいコースなので、コーナーごとに様々な見どころやポイントがあるのです。

なぜ、毎年オーストラリアグランプリは、荒れたレースになりやすいのでしょう。まず、その要因の一つがオーストラリアグランプリのコース近くに海があり、天候も変わりやすく、コースと壁が近いため、ほんの少しのミスが命取りになるコースレイアウトになっています。その為オーストラリアグランプリは荒れやすいレースで、セーフティーの出動も非常に多いのです。ただ、人工で作られた巨大な湖の周辺に仮設で作られる市街地サーキットであるアルバートパークサーキットは湖の周辺に公園が広がっており、その美しい最高の設備と芸術性触れるサーキットな為、この景色を楽しみにしているドライバーは多くいるそうです。
そんなドライバーにも評判なアルバートパークサーキットでのF1オーストラリアグランプリは、多くの見どころから非常に人気があるのです。